ウユニ塩湖ツアーで得たインスピレーションを演技に活かしたい

旅行とはかなりのコストと労力を使うもの、おまけに最近は犯罪の可能性や自然災害に遭遇した際の対応が求められています。
正直なところ「そこまでするメリットはあるのか」と考えていましたが、縁あっていく事が出来たウユニ塩湖ツアーでその考えが良い意味で壊されました。
あの美しい世界を目にしただけでなく、体感できたのはラッキーです。
あそこで得たインスピレーションを演技に活かしたいところですが、まずはその詳細を語っていきましょう。

旅行から感じられること

ウユニ塩湖ツアーは自分から進んで参加したわけではなく、仲間の誘いに仕方がなく乗ったものでした。
そのため当初は不満と不安が胸の中に渦巻いていましたが、空港に到着するな否や人生初めての衝撃を受けてそれらが吹っ飛んでいった事をよく覚えています。
空港内の雰囲気は日本とは別物で、空気も全く違っていました。
個人的には乾いていて、強いていうなら登山した時とよく似ています。
当たり前ですが街も異なっており、ツアーのスタートである首都リマの夜景はロウソクの灯のようで綺麗でした。
ありきたりな言葉ですが、目に映るものや耳にするものが全て新鮮で輝かしく見えて楽しかったです。

しかしそれもウユニ塩湖の絶景と比べたら、旅行から感じたものの一部でしかありません。
果てしない水平線と空を映した世界はとても広く、寒さを忘れて見入ってしまいました。
そして自分の世界がとても小さい事を思い知ったのです。たとえどんなに絶対的で残酷でも、この神様が描いた美しい世界からすれば小さいと感じました。

今後に繋がる旅行にしたい

当たり前ですが、演技の世界は厳しいです。
上下関係は絶対なので先輩の無茶ぶりにも応えなくてはなりませんし、運が左右するところもあります。
いくらハリウッド俳優を目指して頑張っていてもそれは当然で、その頑張りの奥にある悔しさや寂しさに耐えながら顔を上げなくてはなりません。
そんな事は平凡なほどに当たり前な話かもしれませんが、心の隅で「もう止めたい」という気持ちがありました。
けれどウユニ塩湖の美しさ、ひいてはそこから得たインスピレーションはそんな気持ちを浄化して安らぎを与えてくれたのです。
このインスピレーションをどのように演技に活かせるかは研究中ですが、少なくとも今後お金をかけるなら自分の経験がアップする旅行をしたいと考えています。
それほどまでにウユニ塩湖ツアーは考えを変えてくれました。
最初は不満を抱いていたものの、誘ってくれた仲間に感謝です。
なので詫びも込めて日本に帰ってしばらくして焼き肉を奢りました。

佐倉の中古品買取ショップで小道具選び

魅力的なアクセサリーが欲しいと思ったら、たいていの人は新品を販売しているお店に買いに行くものです。
新品の方がきれいで安心感があるわけですが、当然のことながら価格が高いというデメリットがあります。
そこで役に立つのは佐倉にある中古品の買取ショップです。
中古というだけで悪い印象を持ってしまう人もいますが、全てが粗悪品というわけではありません。
美しい状態で販売されている小道具も多数あるので、買取ショップは魅力的な場所です。

中古品でも「本物」のアクセサリーが必要だった

それほど高いお金は出せないものの、見た目の印象が本物だと感じられるアクセサリーを身につけたいと考える人が多いです。
いくら中古だからといって、明らかに中古だと分かってしまう品質では満足することができません。
ただ、本物のアクセサリーが欲しいときに、新品のお店ばかりを回るのではお得に手に入れることが難しくなります。
まずは中古品の買取ショップに足を運んでみることが大切です。
店内に入ったからといって、何か買わなければならないという決まりはありません。
どのような商品が販売されているのかを見てみるだけでよいので、一度は行ってみることが重要だといえるわけです。
中古品のお店なので、最初から高い期待はしていません。
だからこそ良質な商品が見つかったときには、格別の喜び・嬉しさがこみ上げてくるのです。
佐倉の買取ショップでは高品質な中古のアクセサリーを取り扱っているので、見ているだけでも楽しい時間を過ごすことができます。

小道具にしてしまうにはもったいない!

中古品の買取ショップなので、最初は本格的なアクセサリーを購入するというよりも、小道具として使えるものが欲しいという程度の気持ちで訪れる人が多いです。
しかし、佐倉の中古品買取ショップでは多くの商品を取り扱っていて、中には小道具にしてしまうレベルではなく、本格的なアクセサリーとして使えるものもあります。
小道具ではもったいないと感じることが多いです。
中古に対する悪い印象を抱いている人も、実際の商品を見てみると良質なものが意外と多いことが分かります。
周りの人から聞いた印象だけで判断してしまうのではなく、自分自身で買取ショップを訪れて、実際の商品を見てみるようにしなければなりません。
さまざまなアクセサリーを見ていくうちに、良質なものと劣悪なものとが区別できるようになります。
もちろん中古品なので、中にはとうてい買う気にならないひどいものも混じっています。
小道具探しから始まったのに、いつのまにか本物探しになるものです。

新宿で腕が立つ肩こり治療の先生はいるのか?

今の時代肩こりに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。
一度気になり始めると余計にこってしまうような感じがあって、なかなか調子が戻らずに悩んでいるという人は珍しいものではありません。
直接命に関わるものではないにしても、常に不調を感じるというのは嫌なものです。
自分も最近、肩こりが気になり始めるようになり症状もだんだんと悪化をしてきたことから、一度本格的に治療をしてもらおうと先生を探すことにしました。

最近肩の調子が悪い…

元々肩の調子がいい方ではなかったのですが、最近はより調子が悪くなって一日中体がだるく感じられるようになってしまったのです。
肩こりというのはデスクワークを中心にしている人が起きやすいと言いますから、自分のような俳優を目指している人間はなりづらいと思っていたのですが、そうでもないようです。
肩がこると演技にも悪影響が出てどうにもすっきりせずに、もやもやとした日々を過ごすようになってしまいました。
それまでは多少調子が悪くてもゆっくり休めば治っていたのですが、最近はあまり休みが取れないということもあるのですが、休息をとっても回復しなくなってしまったので辛いです。
このままでは俳優を目指すどころではなくなってしまいますから、一度しっかりと専門家に診てもらおうと新宿で肩こり治療の先生がいるか探してみることにしました。
それで治るかどうかは分かりませんが、それぐらいに肩の状態が気になるところまで悪化をしていたのです。

口コミサイトをチェックしてみました

新宿で探してみるとさすがに人が多い街だけに、色んな情報がすぐに得られて便利でした。
逆に情報が多すぎてどこを選んで良いのか悩んでしまうほどでしたが、とりあえず自分の症状に近い人の意見を参考として、腕の立つ先生を探してみたのです。
情報の真偽がはっきりしませんから、鵜呑みにするのは不味いのですが、概ね良い評価と悪い評価というのは整合性がとれていて十分参考になるものではありました。
結局腕のいいとされる先生も相性があるのでいまいちだったという人もいれば、逆にあまり評判の良くない先生でも人によっては相性が良かったということもあるようで、単純な評価だけでなく相性面もしっかり目を通して置かなければ行けないかなと思いました。
一通り目を通した結果、自分の肩の症状的にはこの先生に診てもらえば良くなりそうだというところを見つけることができたので、予約をして行ってみることにしました。
後は口コミ通り腕の立つ先生であることを願うばかりです。

粘度計で想像力を働かせてエチュード

演技の世界に魅了されて早十数年が経ちます。
憧れの俳優に少しでも近づけるように日々訓練と勉強をしています。
ゆくゆくはハリウッド俳優に、などと大きな目標を掲げていますが、言う分には迷惑はかからないでしょうね。
俳優は演技力が重要なのはもちろんですが、表現力や想像力がかなりのウエイトを占めます。
色々な事に注目して常にアンテナを張り巡らせ、演技のヒントとして参考にします。
身の回りにある物や目に見える画像、聞こえてくる音など全ての事が演技に繋がると感じています。

稽古で与えられた難しい課題

俳優を目指してずっと稽古場に通っているのですが、その場で出会った仲間達と楽しく過ごすのがひと時の休息となっています。
時には飲み会での演技の討論になり、朝方まで熱く語りあう事もあります。
厳しい演出家の方の愚痴などを言い合う事もたまにありますね。
この間も稽古の時に課題を与えられたのですが、かなりハードルが高いエチュード(演技の世界ではいわゆるアドリブの成り切り演技のような事です)の難題で多くの想像力を必要とする内容でした。
自分は演技に繋がるものは全て取り入れていますので、ヒントになる物は無いかと身の回りを見渡します。
キッチンには鍋やフライパン(調理器具の気持ちになって練習した事もあります)ソファーや椅子の苦労や痛みなどもインスパイアしていきます。
ふとパティシエを志して通っていた専門学校時代に使っていた粘度計の存在を思い出します。
あいつ今頃どうしてるかな、そんな懐かしさにもかられ収納扉を開いたのです。

多くの物事を知っておく必要がある

粘度計とは物質の粘度の割合などを調べる機器で、パティシエなどのお菓子作りの世界では卵黄やチョコレートの粘度を計る際にも使います。
収納扉から現れた粘度計、久しぶりに見るその姿は若い頃の奮闘していた自分を思い起こしてくれた気がします。
見つめていると何か自分の考えを現している事も感じてきます。
この道具はバランスを計る物、自分は演技についてのめり込み過ぎてはいないか、もっと他の事に目を向けてバランスを取る事も必要ではないかなどと思わせてくれます。
演技だけにのめり込まずに色々な物事を知り、視野を幅広く持つべきだとこの粘度計が教えてくれた気がします。
「ありがとう」との思いを胸にそっと収納扉の中に再びしまい、演技の稽古を再開しました。
思いの他想像力が膨らみ、良いバランスで集中力も増加して充実した稽古につながりました。
夢のハリウッド俳優の人達もこんな感じで練習していたのかな、などと考えながら翌日の稽古に向かいました。
私の練習方法に粘度計を取り入れている事は少し特殊かな、と思い仲間たちには内緒にしています。